読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rey's words

自分の書いた詩を載せてます。

MY STORY

カレンダーに書かれた予定通りにいかなくても きっと めくり続けた先に何かあると信じて さぁ 出発間際の電車に乗って行こう 眠い目擦り 新しい街 気付けば昨日の自分に勝ってる 今日の自分 カレンダーに書かれた予定通りにいかなくても きっと めくり続けた…

謎の日々

昨日はどこに消えたのだろう 地球のどこに消えたのだろう 宇宙のどこに消えたのだろう 明日はどこから来るのだろう 地球のどこから来るのだろう 宇宙のどこから来るのだろう

君の手はいつも暖かくて 握ると安心感に包まれます 僕の手が離したくないと ワガママを言い出すから また君を困らせてしまった夜

2016/11/29に見た夢

僕はじっと地球を見つめていた ここから見る地球は思ったよりも小さかった やがて 太陽が地球にぶつかり地球を吞み込んでいく 僕は恐怖心を抱きながらも どこか客観的に その光景を見ていた その時 僕は何処にいたのだろう 皆は何処にいたのだろう

The Warmth

soundcloud.com 季節ピッタリのバラードです。 製作に一年以上かかってしまいましたが良い作品ができたと思います。 ぜひぜひ。 歌詞 The Warmth 寒さしのぐために 繋いだ手 指を糸にして 結ぶよう 悲しい過去さえ 今があればいいな そんなこと想う 冷たい人…

Looking for...

soundcloud.com Looking for... 目覚めた朝 何も変わらない いつもと同じ珈琲の味だ 懐かしがった あの写真しまって 明日の空 眺めてみよう 泣きたい時だってある 涙は堪えられない そんな時は 一人になる どうか僕のことを探さないで 僕も僕を探してる途中…

いろいろな形

僕が書いた「ハートマーク」を 単純に「ハート」と考える人もいれば 「心臓」とか 「愛」とか 「恋」とか 「命」とか 想像を膨らませる人もいる 作り手と受け手の世界は 別物だ

音楽

あの日 僕は君から 生きる希望を貰いました 君を思うと 言葉が溢れます 君を抱くと 幸せを感じます いつか誰かと分け合いたい そんな気持ちです

大人

大人の定義って 人それぞれだと思うんです。 ちなみに僕は 「夢を見なくなった時」を 大人と呼ぶことにしてます。 つまり僕はまだ子供です。

天井

気づけば 最近 天井が近くなった あの日から考え方も変わった 見えなかったものが見えるようになった 見えなかったものが見えるようになってしまった 昔 その人は言いました 「嘘は悪いことです」と 今では 肯定の言葉を添えながら その人も嘘をつくのです …

充実

好きなことをする それを誰かが評価してくれる 僕はこれを充実と呼んでいる 賛が僕を その場所に留めさせる 否が僕を 前に進めさせる 僕は賛否両論を求める 僕はそれを充実と呼んでいる

いつの間にか

全力で走ることなんてできなくなった あの公園で鬼役から逃げる少年少女のような気持ちを どこかに置いてきてしまった もう戻ることなんてできない 気づいた時には過去形でしか語れなくなっている 沢山の言葉を身に着けた僕は 昔よりも言葉選びに必死になっ…

諦めない心

あのUFO操縦士は手強い 何度もパンチをされては空に飛ばされ星になった あのUFO操縦士は手強い 何度も作戦を練ったが失敗ばかりだ あのUFO操縦士は諦めなかった 一年経っても 十年経っても… 「明日こそは…」って気持ちを持ってるんだ 僕はテレビ画面に映る彼…

孤独

寂しくはありません 孤独を感じることができるのも あなたがいるからです 孤独を感じることで あなたを愛せます 孤独のそばには いつだって誰かがいるような気がします だから 寂しくはありません 美しいものだと思っています

夢を語る日々は終わりだ 「明日」が「今日」になるのは あっという間だから 「来年」が「今年」になるのは あっという間だから 僕は 「夢の語り手」から 「夢へのランナー」に転職する ほら 心のどこかでスターターピストルの音が聞こえた

エリカ

録り直しの音源を配信しました。 Lyric エリカ また涙に溺れた 誰も知らない夜 濡れ汚れた服を脱いで 明日の支度 眠りましょう 愛とか哀とか ボクの心に咲いたエリカが美しくて… 涙出た 優しい風 吹いて 少し甘えたくなった ごめんね… ありがとう なぜか 溢…