rey's words

自分の書いた詩を載せてます。

MY STORY

 

 

 カレンダーに書かれた予定通りにいかなくても

きっと めくり続けた先に何かあると信じて

 

 

さぁ 出発間際の電車に乗って行こう

眠い目擦り 新しい街

 

気付けば昨日の自分に勝ってる

今日の自分

 

カレンダーに書かれた予定通りにいかなくても

きっと めくり続けた先に何かあると信じて

 

 

もう 迷うことなく自分を生きていこう

誰も知らない景色 求めて

 

歩く歩幅を変えずに

焦らず急いで

 

おとぎ話のように上手いこといかなくても

自分にとっての自分らしさ いつまでも描いていよう

 

 

カレンダーに書かれた予定通りにいかなくても

きっと めくり続けた先に何かあると信じて

 

おとぎ話のように上手いこといかなくても

自分にとってのハッピーエンドをいつの日か描けるように

 

https://soundcloud.com/rey-sing/my-story

 

謎の日々

 

昨日はどこに消えたのだろう

地球のどこに消えたのだろう

宇宙のどこに消えたのだろう

 

明日はどこから来るのだろう

地球のどこから来るのだろう

宇宙のどこから来るのだろう

 

君の手はいつも暖かくて

握ると安心感に包まれます

 

僕の手が離したくないと

ワガママを言い出すから

また君を困らせてしまった夜

2016/11/29に見た夢

 

僕はじっと地球を見つめていた

ここから見る地球は思ったよりも小さかった

やがて 太陽が地球にぶつかり地球を吞み込んでいく

僕は恐怖心を抱きながらも

どこか客観的に その光景を見ていた

 

その時

僕は何処にいたのだろう

皆は何処にいたのだろう

The Warmth

soundcloud.com

 

 

季節ピッタリのバラードです。

製作に一年以上かかってしまいましたが良い作品ができたと思います。

ぜひぜひ。

 

歌詞

 

The Warmth

 

 寒さしのぐために 繋いだ手

 指を糸にして 結ぶよう

 

 悲しい過去さえ 今があればいいな

 そんなこと想う

 

 冷たい人混みの中

 君を独りにはしないよ

 強く優しく君の手 握って 離さない

 

 

 僕の肩に眠る 静かな君

 このまま時が止まる 夢をみた

 

 優しさだけでは すべて埋まらないこと

 分かってるけど

 

 冷たい人混みの中

 君の声 聞き逃さないよ

 強い風に消されても 君の名前 呼ぶよ

 

 

 冷たい人混みの中

 君を独りにはしないよ

 

 冷たい人混みの中

 君を独りにはしない

 二人温もり感じ合い 握った手 離さない

 

 君のそばで ずっと

Looking for...

soundcloud.com

 

 

Looking for...

 

 目覚めた朝

 何も変わらない

 いつもと同じ珈琲の味だ

 

 懐かしがった あの写真しまって

 明日の空 眺めてみよう

 

 泣きたい時だってある

 涙は堪えられない

 そんな時は 一人になる

 

 どうか僕のことを探さないで

 僕も僕を探してる途中だから

 自己満足の答えが出るまで

 見守っていて

 

 

 鏡に映る自分の姿が

 昨日と違う

 プラスかマイナスか

 

 手にいれることばかりで

 失ったことに気づかない

 思い返せば あの日もそうだった

 

 どうか僕のことを探さないで

 僕も僕を探してる途中だから

 あの日 夢見た景色を忘れられずにいるよ

 

 

 自分でもわからないことだから

 誰にもわからない

 

 どうか僕のことを探さないで
 僕も僕を探してる途中だから
 あの日 夢見た景色を忘れられずにいるよ

 

 どうか君は暮らしを変えないで

 君は君を大事にしてほしいから

 探し物が見つかったときには

 会いに行くよ

 見せに行くよ

 

 

 

 

いろいろな形

 

 

僕が書いた「ハートマーク」を

単純に「ハート」と考える人もいれば

「心臓」とか

「愛」とか

「恋」とか

「命」とか

想像を膨らませる人もいる

 

作り手と受け手の世界は

別物だ